他社製品との違い

比較項目 クラウドPBX 他社
端末/座席数の増減によるスケーラビリティー確保 簡単に出来る 機器購入のため困難
ロケーション/プロバイダフリーによる地方、海外、在宅、テレワークの活用 可能 プロバイダー固定のため困難
他拠点の内線化及びレポート集計 可能 専用線接続をすれば出来ないことは無いが大掛かり、かつ高額
IP電話導入による通話料削減 マルチキャリア、社ビリングのため有利 キャリアサービスに依存。困難
IPによるフリーダイヤルの通話料削減 全国一律/ロケーションフリーなどIPのよさを生かして提供可能 キャリアサービスに依存。困難
簡易的に音声応答システム構築 ソフトウエアベースのため容易 専用ハードのため設定が複雑
携帯の内線化、コストダウン 可能 キャリアサービスに依存。困難
WebフォンCRMにより業務効率化 可能 一部のベンチャーでは出荷
他社製品との差異要因 ・ユーザー/チャネル獲得の先行/囲込、採算ライン確保
・IPキャリア/SaaS融合の技術難易度、エンジニア確保
・設備投資の意思決定、回収、ROI確保
・オープンソースビジネスの権利問題/技術の方向性