IP電話とは

IP-電話・IP-Phoneとは?

インターネット回線を利用した電話サービスです。
一般加入電話のように距離に応じて通話料が高くなることがなく、通話料も格安!

音声と情報システムの融合を目指すIPテレフォニーの進展が勢いをつけるなか、置き去りにされてきたのが
従業員数が数十〜数百名の中小企業だ。IP-PBXを道具に音声通話をアプリケーションの1つに変え、
システムを連携させて合理化や競争力向上を進める大企業。それを横目に旧来の電話システムを使い続ける
中小企業。そんな図式が今、低価格なIP-PBXの相次ぐ登場で変わり始めている。今回はIP-PBXの基礎を
おさらいしながら、最新の中小企業向けIP-PBXの動向を見ていこう。また、では自社に合うIP-PBX製品
選びのポイントを解説しているので、こちらもあわせて参考にしていただければ幸いです。


クラウドPBXとは?

専用電話機や専用アナログ変換アダプタをお客様のインターネット網に繋げ、クラウドPBXから電話機能を
提供するサービスです。音声パケットを優先的に流す最先端技術で、現在ご利用頂いている電話サービスと
あまり変わらない品質でご提供が出来ます。インターネット回線が事前にご用意できていれば、移転時も
専用端末を繋ぐだけで、同じ電話番号にてご利用頂けます。


CSSクラウドPBXは法人、既設PBX、携帯電話、各種IP-PBXの内線化を実現し、保留転送、グループ着信、
ロケーションフリー通話も可能にしました。
SIP電話機、携帯電話、電話会議などの様々な端末接続に対応しているほか、ロケーション/プロバイダー
フリー、テレワーク、パンデミック対策、Web電話帳、センター発着信(携帯、固定)、携帯内線化などの
機能を備えています。CSS PBXプランのサーバーを利用することで、安価にIP電話システムを構築することが
できます。標準SIP対応なので、各メーカーのIP固定電話機、無線IP電話(IPフォン)、スマートフォンを
接続することができます。クラウドPBXを使用すれば、法人電話システムの全てを網羅することも可能です!

クラウドPBX概念図

「家の電話」として長く機能してきた一般加入電話、そして爆発的に普及した携帯電話。
そこに新しい仲間、IP電話が加わりました。IP電話とは、インターネットを活用した電話サービス
のことです。そして、今までは通話料が気になり時計とにらめっこだった長距離通話を、
格安料金化、あるいは無料化を可能にしたのが、IP電話なのです。