IPコミュニケーションの未来

「IPコミュニケーション」とは

これは、企業においてIP電話を導入することで電話におけるコミュニケーション弊害を大幅に改善し、業務全体の
効率化を図ろうというソリューションです。IP電話をオフィスに導入することで、一般電話の回線を使っていたがゆえの
問題点を一気に解決し、利益を大幅に伸ばすことも可能です。IP電話の登場時は、インターネット回線が遅かったために
導入するメリットがあまり高くありませんでした。IP電話は電話回線ではなくインターネット回線を利用して通話を行う
サービスなので、通話がつながれば回線が占有されて普通に音声を届けることができる一般電話と違い、回線が混み合う
と音声が不安定になっていたのです。しかし現在は、光ファイバー回線の広範囲への普及により、十分な速さを確保でき
るようになりました。そのため現在のIP電話は、一般電話と変わらない通話品質を確保しています。IP電話を導入する
メリットは、なんといってもその利用料金の安さです。インターネット回線を使うため、電話回線と違って距離によって
コストが左右されず、一定の料金で通話ができます。また、利用料金も格安です。安さについては、家庭と企業どちら
でも受けられるメリットです。
また、企業の「IPコミュニケーション」におけるメリットは、その拡張性の高さにあります。電話回線ではなくインター
ネット回線を利用するので、チャットや映像など、機能面で拡張が可能です。また、社内ネットワークにつなげることで
携帯端末でもIP電話が利用できるので、無線LANを飛ばせば食堂などでも内線を取ることができます。もし今、オフィス
の移転やリニューアルをお考えであれば、社内の通話ネットワークを一新することも検討してみてください。
IPコミュニケーションは、イニシャルコストはそれなりにかかりますが、ランニングコストの非常に安いソリューション
です。IP電話の世界は開かれており、多くの企業が技術を共有してブラッシュアップしているので、サービス全体が高品
質になっています。また、メンテナンスの際も手間がかかりません。いつ導入してもメリットの高いものですが、
移転などの際に一緒に導入すれば、早い段階でのコスト回収が可能です。
IPコミュニケーションは、企業の業務のあり方を見直し、様々な可能性を見出してくれるものです。
特に電話を使用することが多い企業は、積極的に検討することをおすすめします。

IPコミュニケーションが持つメリット

IPフォン(IP電話)をオフィスに導入することで、業務に関する様々な障害を改善し、効率性と利益の上昇を見込む
ことのできる「IPコミュニケーション」。IPコミュニケーションの導入は、企業に大きなメリットをもたらしてくれます。
そのうち最も大きいものが、「コスト削減」です。IPコミュニケーションでは、3つの面でのコスト削減が期待できます。
ひとつは、通信費用の削減です。単純計算では、費用を実に半分にまで減らすことが可能です。というのも、IPフォンを
オフィスに取り入れていない場合、社内ネットワークを2つ敷いていることが多いのです。
その一つは、通常のネットワークです。インターネットを引いたり、社内だけで使えるネットワークを構築したりするた
めのもので、インターネットがとても身近なものになった現代では欠かせないものです。そしてもう一つは、電話のネッ
トワークです。PBXというシステムを使い、内線を構築するもので、狭いオフィスでなければ社内の円滑な連絡のために
必要となるものです。IPフォンはインターネット回線を利用して通話を可能とするサービスなので、導入すれば上記2つの
うち、電話のネットワークが必要なくなります。その分、コストをまるまるカットできるのです。ひとつは、人件費の削減
です。通常のネットワークと電話のネットワーク、小さい企業ではその限りではないですが、この2つは別の部署で運営して
いることが多いものです。たとえば、前者はITに関する部署が、後者は総務が管理をしていることが多いといえます。
そこで後者をまるまる削減できれば、ネットワークに関する管理を一元化でき、業務の効率化および人件費の削減を測る
ことが可能です。このような周辺業務はできるだけ効率化し、メインとなる業務に集中したいのはどの企業も同じでしょう。
最後のひとつは、メンテナンス面での経費削減です。従来の電話のネットワークを構築するためのPBXは、メンテナンスが
非常に面倒なものでした。基本的にPBXを提供している企業は技術の囲い込みをしており、メーカー、あるいはメーカーの
関連企業でなければメンテナンスができません。また、配線の設置も複雑なため、少し席を移動するだけでもメーカーに
依頼しなければならないケースがあります。 その点、IPフォンのメンテナンスは複雑ではありません。無線LANを使えば
配線もほとんど要りません。また、IPフォンの業界は開かれているので、メンテナンスも容易です。
メンテナンス面での経費節減が可能になることも、企業にとってはIPフォンの大きな魅力だといえます。

IP電話に乗り換えるべき3つのポイント

『IP電話に乗り換えるべきか』と悩んでいる人へ、「どういった人に向いているサービスなのか」という点について3つの
ポイントに絞ってご紹介します。現在悩んでいる人は、ぜひご検討ください。

1.自宅や会社で固定電話を頻繁に使用する

固定電話を頻繁に使用すると、通話料が膨大な額になってしまいます。これを避けるためにも、IP電話への乗り換えは有効です。
IP電話は通話料がほぼかからないため、頻繁に使用しても通話料が安価に収まります。
特に会社の場合は、取り引き先などと連絡をとる機会が多いため、IP電話を導入したほうがコスト削減にもなり非常にお得です。

2.友人や恋人、家族と電話をすることが多い

『話すことが好きで、よく電話をする』という人も、IP電話への乗り換えがおすすめです。
IP電話は、距離に応じて通話料が高くなることがありません。そのため、国内・国外問わず、格安料金での通話が可能です。
また、長時間の電話にかかる通話料も一般固定電話、スマートフォンに比べ安価であるため、時間を気にせずに会話ができます。

3.国際電話をすることが多い

「単身赴任している人」や「留学を考えている人」など、国外で長期間滞在している、長期滞在する予定がある場合は、IP電話
への乗り換えがおすすめです。IP電話の1番の特徴である「通話料が安い」という点は、国際電話にも同じことがいえます。
たとえば、日本からブラジルに国際電話をかけたとします。一般電話の場合1分で約230円の通話料がかかりますが、IP電話の
場合は1分で約30円です。このことから、IP電話は国際電話の場合でも通話料が安いということが分かります。国際電話はプライ
ベート面とビジネス面、どちらの場面でも使用されるもの。そのため、IP電話は双方の場面におけるグローバル化に一役買って
いる存在であるといえます。「自宅や会社で固定電話を頻繁に使用する」、「友人や恋人、家族と電話をすることが多い」
、 「国際電話をすることが多い」。これらのポイントに当てはまるのであれば、少しでも早いIP電話への乗り換えをおすすめ
します。1回の通話料のみならず、1ヶ月の電話料金で考えても非常にお得で、簡単にできる節約方法のひとつといえます。
IP電話は今、安価に使用できる連絡手段のひとつとして非常に注目を集めています。
『今よりも経済的に優しい環境で通話をしたい』、『通話時間を気にしたくない』、『国際電話を楽しみたい』というのであれば、
IP電話の導入を前向きに検討しましょう。

固定電話からIP電話へ

電話回線の代わりにインターネット回線を使用することで通話を可能にしている「IPフォン」。現在日に日に普及が進んでおり、
国内における電話使用は、従来の固定電話から徐々にIPフォンメインに移ってきています。
IPフォンの最大の特徴は料金が安いという点。家庭・企業問わず、節約や経費削減という意味で大きなメリットを発揮します。
また、登場した当時には「固定電話からIPフォンにかけられない」、「110などの緊急ダイヤルにかけられない」、「インターネット
回線の通信速度に影響される」といった弱点がありましたが、現在はほぼ解決されており、今後もIPフォンの利便性は増していくこと
が期待されています。IPフォンを導入するためには、まずインターネットプロバイダと契約する必要があります。これは、IPフォン
がインターネット回線を利用するサービスだからです。インターネットプロバイダとは、ADSL回線や光回線と各家庭・企業をつないで
くれるサービスのこと。プロバイダと契約することでインターネット環境を得ることができます。
プロバイダにIPフォン導入を依頼すれば、設置まで全て行ってくれます。この際、少し前までは新たな電話機を購入・あるいは
レンタルする必要がありましたが、現在はそれまで使っていた固定電話機をそのまま使い回せるようになっています。
それまでの電話機をそのまま使用することにより、「110などの緊急ダイヤルにかけられない」というIPフォンの重大な欠陥が解消
されました。インターネット回線からは繋がらないこれらの番号が入力されると、自動で電話回線へ繋げられるようになったのです。
また、企業のオフィス内で導入する際は、大きな経費削減となります。オフィス内、あるいは同一企業の本社と支社間には多くの
場合社内ネットワークが引かれています。電話連絡をよく行う企業であれば、電話のためのネットワークも別に引いています。
IPフォンを導入すれば、全てひとつのネットワークで事足りるため、管理や保守の経費が約半分程度に収まります。
料金の面でも、固定電話からIPフォンに切り替えるメリットは大きいといえます。従来の固定電話であれば、電話をかける先、距離に
よって料金が変わっていました。しかしIPフォンであれば、電話をかける先、距離に関係なく料金は一律。頻繁に電話を使用する
という家庭や企業においては高いメリットがあるといえます。IPフォンはインターネット回線を利用していることから、映像を転送
することもでき、テレビ電話など様々な活用方法があります。こういった活用方法は、今後も増えていくことが期待されています。

正しいIP電話の使用方法 - 国内編

メリットの多いIP電話。一般電話からIP電話への乗り換えをお考えれあれば、まずは「正しい使い方」についてしっかり
マスターしておきましょう。そこで今回は、「IP電話の正しい使い方」を紹介します。さらに、多くの人が気になっているであろう
「IP電話を利用した際の音質について」もご紹介いたします。

■正しい使い方

まず通話の始め方について。これは一般電話と特に変わりません。通話したい相手の電話番号をダイヤルすれば、
自動的に相手に電話を繋げてくれます。しかし、ここでひとつ注意しておくべきポイントがあります。それは、「プルルル」など
の呼び出し音の前に発せられる音です。呼び出し音がなる前に、「プップップッ」と音が入るのが特徴で、これは自身がIP電話回線
を利用しているという証です。もしもこの音がならずにそのまま呼び出し音に移ってしまった場合は、IP電話回線でなく一般の電話
回線を利用していることになります。一般の電話回線を利用すれば、通常どおり通話料金が発生してしまうので、
この「プップップッ」という確認音を聞き逃さないことが大切です。なお、サービスにより音には多少の違いがあるので、加入する
際に確認しておくとよいでしょう。また、受信の際もこれまでとほぼ変わりません。着信がかかってくれば、ボタンを押して受話器
を取り上げるだけで通話を始めることが可能です。電話をかけてきた相手が自身と同じサービスに加入していた場合のみ、一般電話
と比べて若干着信音が異なります。

■IP電話を利用した際の音質について

現在はIP電話の音声品質が向上しており、会話の途中でストレスを感じることはほぼありません。むしろ、携帯電話と比較すると
IP電話のほうが高音質だといえます。しかし、利用するサービスにより差があるのもまた事実。音声品質にこだわっている会社の
IPフォンだと、よりクリアに相手の声を聞き取ることが可能です。「通話が途切れる」や「相手の声が聞こえづらくなる」などと
いったトラブルが発生することもありません。確かな音質で、遠方にいる友人と長電話を楽しむことができます。
また、ビジネスで利用する場合も、大切な取り引き先との通話中にノイズが起こり、相手に不快感を与えてしまうという心配も
ありません。自身の声が反響して聞こえたり、音飛びを起こしたりということもありませんので、ストレスなく利用できます。
このように、加入するサービスにより使い方や品質に差があるIP電話ですが、昔と比べてその技術はどんどん進歩しています。
お使いの電話のIPフォンへの切り替えをぜひご検討ください。





PAGE TOP